=======================
■猫カフェの行き方。
 □良い猫カフェの見分け方
 □男一人で猫カフェへ行く
■猫知識
 □猫モテRanking
 □猫のリラックス度
 □猫カフェの猫は鳴くのか?
 □猫に噛まれたら
 □皮膚病にも色々ありまして
 □猫ケンカの仲裁方法
■猫カフェ楽しみ方のコツ
 □猫おもちゃ解説
 □【ねこじゃらし】は×
 □猫おやつ
■猫カフェ裏事情
 □猫カフェ高額経費第1位
 □猫カフェ高額経費第2位
 □猫カフェ高額経費第3位
 □猫カフェ開業上の問題
 □猫カフェ経営上の問題1
 □猫カフェ経営上の問題2
 □猫の真の姿
 □獣臭除去大作戦
 □猫の医療費
 □保健所
 □保健所から電話
 □猫喫茶は儲かるか
 □住宅街の一軒家で猫カフェを
■猫カフェスタッフになりたい
 □猫カフェスタッフ向けの人とは?
 □猫カフェスタッフの一日
■個人的に。
 □町田のお薦め店

■特設:展示時間規制について。
 □問題点:まとめ。

 ■RSS 2.0
=======================

■ねこのみせ
関東最初の老舗猫カフェ。
仔猫からセクシー&ダンディ猫まで取り揃えております。年増園って言うな。


■猫の居る休憩所299
2号店。若いです。
乙女ロードに吸い寄せられ、開業。
少年猫ばかり集めたら、男子校状態に。
=======================

■オーナー
このブログのオーナー。
ペット興味なしの灰色社畜だったが、あたるの洗脳攻撃により猫に転ぶ。


■あたる
讃岐うどん王国出身の猫狂い。
上京後は猫無し生活だったが、オーナーを洗脳し、猫まみれの生活を手に入れる。
=======================

■ポッキー
【ねこのみせ】の表看板。
幼少期からお客さんに愛されて育つ。成長すると小悪魔になった。


■どんぐり
【299】の表看板。
こちらも愛されて育ち、長ずるに及び、堕天した。
=======================

■ポルテ
【ねこのみせ】の裏看板。
短足折れ耳の不憫キャラとして、皆にいじられまくる。


■スイッチ
【299】の裏看板。
変態MOVEで人気が高い。
フィギュアマニアのキモヲタとして勇名を馳せる。
=======================

■町田
東京郊外の商業都市。
映画館以外なんでも揃う便利な街。美味しい店も多くて、たまらない。


■池袋
三大副都心のひとつ。
町田とは比較にならないほどの大都市。
=======================
■最近入れた本と、近日入荷本
※一部、ねこのみせ未入荷本アリ。ココに無いマイナー本も入ります。
  • Atom
  • RSS 2.0
  • 2011年4月27日

    【299】みんなのパパ【きり】の病気について。


    町田【ねこのみせ】のボス猫夫婦の子供。2005年11月生まれ。3猫の末っ子。


    生後3ヶ月でお客さん宅に里子に出、一緒に行った一週間年上の【いと】とくっつき、



    【しお】【ちま】のパパとなる。



    2008年。里親さん宅の事情により、一家揃って出戻り決定。
    ちょうど【299】開店の話がもちあがってたので、初期メンバーとして迎えることに。

    ところがこの1~2年前頃から頻繁にお腹を壊し、体重が減少。
    【299】に来た頃には、スリムな母親:茶太狼より痩せていた。

    獣医さんに診せたところ、【ご飯が合ってないのでは?】とのこと。
    いろいろ試してみたところ、アイムスが合ったらしく、体重が若干増加。



    しかし、またもや体重が減少。
    他の獣医さんに見てもらったものの、病気ではないとの診断。
    仕方ないので、どうにかして体力をつけさせるべく、様々な方法を試みる。

    ご飯を増量する、ご飯の回数を増やす、ご飯をふやかす、整腸機能のある薬を投与する、整腸機能のある芋をあげる等など。

    どれも一定の効果をあげるものの、しばらくすると痩せるという積み木崩しのような展開。
    その間、他の猫カフェさんから紹介していただいた最も信頼できる獣医さんに診てもらうと、

     「腸の栄養吸収機能に、先天性の異常があるのかも」

    とのこと。
    まあ、人間だって先天異常もってる人は居るし、折り合いつけていくしかないべと考え、せめて出来る限り生活環境を良くしようと考えたのが昨年冬。



    健康には適度な運動と適度な食事、あとは日光浴かねえという訳で、カウンターの窓ガラスをとっかえ、太陽灯も購入し、常時ひなたぼっこをできるようにして、更に温暖なお猫様専用休憩室を作る。

    これで1年ほど小康を得ていたものの、震災前の今年2月末。
    【きり】の様子がおかしいとの連絡。眠る時間が長すぎ、ケージに登るのも億劫がっているとのこと。病院に連れていくと、各種検査の後、

     「病名は判りませんが、先天性の免疫障害の可能性があります。
      免疫機能が血球を攻撃し、貧血になっています」

    との診断。
    が、これは薬で抑えられるので投与開始。ある程度症状は改善したものの、治りきらなかったので、獣医さんの提案で強めの薬を投与。しかしこれで腸の調子を崩し、体力が低下。また最初の薬に戻し、現在は小康状態。



    ただ、この一連の治療で体力を削り、加えて東日本大震災と一連の余震のストレスで弱った【きり】は、「大丈夫か?」というくらい痩せてしまい、毛が薄くなり、耳も折れ気味になり、見るも無惨な衰弱ぶり。先日299に泊まり込んだ時など、全く動かない【きり】を見て、「おい、まさか・・・」と真っ青になったほど。

    ところが夜明け頃に「ナオーン!ナオーン!」と力強い声で鳴き、ご飯タイムには普段通り元気に歩き、休憩室で休ませれば2㍍の壁を飛び越えてブースに侵入、おもちゃをくわえて出てきて「遊んで」と要求する姿は、どう考えても衰弱した猫とは思えない。


    という訳で、正直【きり】に関しては「危ないです」とも「健康です」とも書けず、報告しづらい状態が今も続いています。危ないならオーナー宅で余生を送らせるのですが、思った端から元気になるので頭を抱えてます。

    一時的にオーナー宅で静養させて、とも思ったのですが、【きり】はお店以外の場所が大嫌いでして。以前、近所のスタッフ用社宅でスタッフがサシで可愛がってた時も、【きり】だけはバッグの中から動かず、不機嫌なままだったという経歴もあり、移動したところで逆にストレス溜め込んで調子を崩す可能性もあります。

    現在、299では【きり】が健康を取り戻しつつあるという事で、もうちょっと様子見する予定です。ただ、容態が急変すると告知無しでオーナー宅に移動する事もあるので、ご了承ください。



    連れてくと、恋女房の【いと】が居なくて【きり】泣くかもなあ・・・

    コメント(6)

    299から「みんなのパパ」 が不在になったら私もすごく悲しいです!。

    きりパパ自身が一番しんどいと思いますが、回復の見込みもわからずオーナーご夫妻、スタッフの皆さん心配でしょうがないと思います

    きりパパにいつも癒して貰った私はただただ、「普通に健康になって欲しい…」と思うこと位しかできず悲しいですが
    きりパパが一日でも早く体調が良くなって楽になることをいつも願っています。

    きりはよく食べる子なのかと思ってたけど
    かなり細かったのはそういうことだったのですか

    もし299できりに会えなくなったら寂しいですが
    きりの健康に一番いい形になるのなら
    それが一番いいです

    以前からきりパパが休憩室にいることが多いなとは思ってましたが、そんなに良くなかったとは。

    もしきりパパが療養するのなら、きりパパ1匹で出すのもかわいそうなので、いと母さんも看病(?)について行かせてはどうかと思います。

    いと母さんもいないとなると確かに寂しいですが、いと母さんも一緒ならきりパパもそんなにストレス感じないで済むかな、と。

    いつもぴったりくっついている2匹をほほえましく思って撮っているアラフォーカメラ野郎の戯れ言でした。

    スタッフの皆さまいつもお疲れさまです。
    きりちゃんが一日も早く元気になりますように祈っています。
    近いうちにまた遊びに行きます!

    痩せ方と挙動を見て、尿毒症や貧血を併発してるのかな?とずっと気になっていましたが、そういう事情だったのですね。
    釈迦に説法かもしれませんが…以前飼っていた猫も似たような病気で、
    1週間前までは元気な時もあったので、
    慎重に経過観察された方が良いと思います。
    どうか快方に向かいますように。

    無糖のヨーグルトを与えられてみてはいかがでしょうか?
    乳糖はある程度分解済みなので、牛乳を飲むと下痢する子にもいいですよ
    栄養取れてきりちゃんが元気になりますように

    コメントする





    トラックバック(0)

    トラックバックURL: http://nya-n.jp/mt/mt-tb.cgi/595

    ??